女性ホルモンを活性化してバストアップ

女性ホルモンとバストアップの関係


女性ホルモンとバストアップは切っても切れない関係にあります。バストアップのためにまずは女性ホルモンとは何か?その働きを理解しておきましょう。

女性ホルモンの役割


女性ホルモンは、妊娠や出産できる体や女性らしい体つきを作るために卵巣で作られるホルモンです。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、一定の周期で分泌され、女性の身心に作用します。

エストロゲン(卵胞ホルモン)
女性らしさを作るホルモンで、生理の終わり頃から排卵日前にかけて分泌が増えます。この時期は、精神的にも身体的にも安定して、肌の調子もよくなります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)
妊娠を助けるホルモンで、排卵後から次の生理かけて分泌されます。この時期は、むくみや頭痛、腰痛、吹き出もの、精神的に不安定になったりします。

バストアップにはこの2つのホルモンが必要になります。

エストロゲンは乳腺を増やす働きがある
プロゲステロは乳腺を発達させる働きがある

乳腺は母乳を作るための大切な器官で、脂肪によって守られています。

バストの10%は乳腺で90%は脂肪で成り立っています。乳腺が増えれば、乳腺を守るために周りに脂肪が蓄えられ、それがバストアップにつながります。

バストアップのためには乳腺を増やすこと。すなわち、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を活性化させて乳腺を増やし、バストに脂肪を付けることがバストアップ成功への道になります。

女性ホルモンを増やすためには


バストアップには女性ホルモンが欠かせないことがわかってもらえたでしょうか。実は普段の生活の中で女性ホルモンを活性化させることができます。

食べ物で増やす
【大豆製品】


納豆・豆腐・きなこ・豆乳などの大豆製品は女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンを豊富に含んでいます。

【ボロンを含む食品】


ボロンは、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を増やす作用のある栄養素です。ミネラルの一種で、キャベツ、りんご、海藻類、ナッツなどに含まれています。ただし、ボロンは熱に弱いため、生で食べる方がいいでしょう。

生活習慣


女性ホルモンは大変デリケートで、睡眠不足、冷えやストレス、運動不足などちょっとしたことで崩れてしまいバストアップを妨げる原因となります。食生活でも、過度のダイエットや逆にやけ食いはホルモンバランスを乱す原因となります。十分な睡眠をとり、自分なりのストレス解消法を実行するといいでしょう。

サプリメントで女性ホルモンを補う


バストアップの効果のある成分として、プエラリア・ミリフィカがよく知られています。プエラリアは、イソフラボンの含有量が大豆の約40倍。さらに、大豆にイソフラボンには含まれていないプエラリンという美乳成分も含んでいます。女性ホルモン様の成分をたっぷりと含むプエラリアでバストアップ効果が期待できるわけです。

バストアップには不可欠の女性ホルモン、まずは増やすことを心がけることがバストアップの第一歩になります。

最も手軽で確実な方法がバストアップサプリの摂取です。ただし、バストアップに必要な成分を摂取しても、胸まで届かなければ何にもなりません。しっかりと成分を胸まで届けて効果を発揮させるためには、生活習慣の改善やマッサージなどを取り入れるといいでしょう。

 

サイトマップ